<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=186602665416556&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

{% set baseFontFamily = "Open Sans" %} /* Add the font family you wish to use. You may need to import it above. */

{% set headerFontFamily = "Open Sans" %} /* This affects only headers on the site. Add the font family you wish to use. You may need to import it above. */

{% set textColor = "#565656" %} /* This sets the universal color of dark text on the site */

{% set pageCenter = "1100px" %} /* This sets the width of the website */

{% set headerType = "fixed" %} /* To make this a fixed header, change the value to "fixed" - otherwise, set it to "static" */

{% set lightGreyColor = "#f7f7f7" %} /* This affects all grey background sections */

{% set baseFontWeight = "normal" %} /* More than likely, you will use one of these values (higher = bolder): 300, 400, 700, 900 */

{% set headerFontWeight = "normal" %} /* For Headers; More than likely, you will use one of these values (higher = bolder): 300, 400, 700, 900 */

{% set buttonRadius = '40px' %} /* "0" for square edges, "10px" for rounded edges, "40px" for pill shape; This will change all buttons */

After you have updated your stylesheet, make sure you turn this module off

九段にあるIT企業のブログ


【保険業界温故知新⑨】<最終回>新型コロナ禍の中での学びの場の確保


by 粕谷智

<第9回・最終回>

本シリーズコラムは「学び」をキーワードに
瀬尾保険研究所の瀬尾社長とのリレー形式で温故知新風にメッセージをお伝えしてきました。


コラムを開始した時にはすでに新型コロナ禍が世界中を脅かし始めていた時期ですが、
これほどまでに長く、根本的な解決策も見いだせない状況になるとは思いもよりませんでした。

これからのウイズコロナ、新型コロナとの共生、新たな新型感染症との向き合い方などは
「学びの場」においてどのような影響をもたらしてくるのかを考えてみました。


保険業界において今までの学びのあり方の一つは、講師によるリアルなセミナーでした。

対面式なセミナーは受講者においては目と耳だけでなく体全体で受け止めることができる、その場にいた同僚と意見交換ができる、講師との名刺交換などをしながら個別の質問や親しくなる一歩となるなどのメリットがありました。

講師側においても会場にいる参加者の反応を直接感じながらテーマの進行ができ、その場だからこその枝葉の話もクッションとして提供できるなどのメリットがありました。


いま、そのような環境での学びの場は期待できずZoomなどを活用したオンライン型セミナーが主流となってきています。

セミナー品質は操作技術の向上やソフトの機能の充実により間違いなく良くなってきているはずです。


参加する側においても
①移動時間が不要
②参加費コストが低減する
③社員も一緒に学べる
④当日参加できなくてもアーカイブ視聴ができる
⑤参加者人数が広がる
などのメリットがあります。


しかしながら、オンラインセミナーでの課題を最近体感することとなりました。

それは、リアルセミナーよりも飛躍的に参加者が増えているケースと横ばいというケースがあるということでした。


参加者が増加することは主催者側の事前準備や告知などが十分に行われていることがあるでしょうが、リアルセミナーと同じ課題は参加者側に残っているということです。

まさに学ぶことが会社や個人が成長していくための糧となるという意識の問題です。

自分に投資するとよく言われますが、投資の一つの形がセミナーなどで情報を得て吸収し発信力を増していくことです。


投資には資金や時間が必要です。

小学校から中学校、そして高校と進んでいくにも資金と時間が必要と同じように、
社会人となった今でもこの二つの要素が必要なくなる訳ではありません。

学生時代には資金を親などが負担する、時間は自分自身が負担するという形でしたが、
社会人は資金と時間を自分の意思一つで動かすことができます。


新型コロナ禍においてすべての事業が見直しや縮小の課題に直面してきています。
これからも数年は続くかもしれません。

教育事業の現場にもその波は襲いかかってきています。


ヒトや企業を成長させていく教育や学びの場をどのようにして維持し、柔軟性を持たせていくのか。


解決のヒントは「意思の力」ではないかと感じています。


またいつか、読者の皆さんへメッセージを発信できるように私自身も学び続けていきます。

全9回のシリーズコラムをお読みいただきありがとうございました。


リモートワークの時間も有効利用出来る!-ZYRUSアカデミー2月講座のご案内-


by ZYRUSアカデミースタッフ

いつもザイラスブログをご覧いただき、誠に有難うございます。
ZYRUSアカデミー事務局です。


2021年の節分は、124年ぶりに2月2日になりました。
豆まきをしたり、恵方巻を召し上がった方も多いのではないでしょうか。

もう間もなく春が訪れますが、まだまだ朝晩は冷え込む毎日です。皆様くれぐれもご自愛ください。


それでは、2月のZYRUSアカデミー講座紹介をいたします。


<2021年2月講座のご案内>
【1】Mr.O『売れる保険営業への道』
 ◆新人からベテランの募集人まで活用いただける、見込み客を途切れさせない方法とは?を学べる講座です!
 契約を途切れさせない見込み客管理の考え方
 →2月9日(火)オンライン/動画配信


【2】山本秀樹氏『代理店検査の事例と対策』 
 ◆経営者・業務管理責任者・募集人の皆様すべてにオススメの講座です!重要なのにわかりづらい個人情報取り扱いについて解説します。12月講座と続けてご受講下さい。
 第4回 保険代理店における個人情報取り扱い・管理Q&A(後編) 
 →2月12日(金)動画配信
 

【3】相原あすか氏『一流の人材と組織づくり』 
◆元CAが伝授する、ワンランク上のビジネスパーソンを目指す講座です!
 第11回 洗練されて見える身のこなし方
 →2月24日(水)10:00~11:30 オンラインセミナー/動画配信


【4】滝澤清隆氏『勝ち残る代理店のマーケティング』
◆採用活動をマーケティングの視点で学ぶことが出来る講座です!
 第3回 欲しい人材を獲得する採用マーケティング
→2月25日(木) 10:00~11:30 集合研修/オンラインセミナー/動画配信


★ご案内★
興味はあるけれど、入会を迷っている…という場合はオンラインでのご説明が可能です。
どのような講座か体験していただける、動画もプレゼントしております。


15分からご予約をお受けしておりますので、お気軽にご質問だけでもどうぞ!
【Web面談申込はどちらからでもOKです♪】


2021年のスタートダッシュはここから!-ZYRUSアカデミー1月講座のご案内-


by ZYRUSアカデミースタッフ

いつもザイラスブログをご覧いただき、誠に有難うございます。
ZYRUSアカデミー事務局です。


【保険業界温故知新⑧】教育出版界の気付いた課題


by 瀬尾 好成

【執筆者紹介】
瀬尾好成 様:保険業界の教育出版物の企画製作を行う、株式会社保険教育システム研究所の代表を務める。現在は瀬尾保険研究所にて代表として従事。
―――――――――――――――――――――――
<第8回>

私は損保業界に専門の教育教材の企画・制作販売に取り組みました。


保険業界専門の教育教材の出版の際に気を配ったことは、
今必要とされている教育教材は何か、こまめに各社を一日に何度も訪問し情報をいただきました。

また、社内の企画制作担当者には、お客様の情報を迅速に伝え、企画制作に取り組みました。


社員一丸となり大手会社・中堅会社・小会社によって内容が異なる中、各社個々に教材の制作に取り組み、お客様に迅速に応え信用を築きました。


また、業界共通の教材出版にも力を注ぎ、業界からもN社は業界になくてはならない教育出版会社となりました。


教育出版の気付いた課題は、いかに迅速に実態を把握し出版することでした。
また、社会構造の身近な変化と将来を見極め、ニーズを喚起し出版することでした。

要はしっかりと市場調査を行い、その市場が今何を一番必要としているかを掴むことです。


出版テーマをしっかり見極め、こまめにし分析して、テーマを絞り込み、課題を決め、購読者を絞り込み、出版することと事の大切さを体感してきました。


保険業界、特に損保業界に絞り込み、業界に必要な情報を蓄積した出版物の「保険業法のポイント」は
保険のすべての条文・専門書として、また、金融庁でも活用されているとの話です。


今後共に教育に携わるプロフェッショナルに求められる使命は、
世の中に必要な課題を掘り起こし、迅速に取り組み、世の中に役に立つ商品の開発です。


書籍にはこんな編集側の熱い想いが込められているということを、ぜひ読者の方にも感じていただければ幸いです。


今回をもってこのシリーズブログの私のパートが終わります。


学びには目標はありますがゴールはありません。

私も80歳を超えていますが、みなさんと同じ保険業界の中で自分の成長のために
何らかの形で情報発信をしていきたいと考えています。


学びがあなたと会社を強くする!-12月講座のご案内-


by ZYRUSアカデミースタッフ

いつもザイラスブログをご覧いただき、誠に有難うございます。
ZYRUSアカデミー事務局です。


【保険業界温故知新⑦】学びの場の変化と対応


by 粕谷智

<第7回>

保険業界温故知新シリーズのメルマガのスタートは、
ちょうど新型コロナの目に見えない不安と予想できない生活や仕事のサイクルに頭を悩ませ始めた頃でした。

すでに第一波、第二波、第三波の大きな波に立ち向かう中で、「教育」のあり方も大きな変化をせざるを得ない状況となりました。

全国の小学校などが一斉休校になったり、大学では憧れのキャンパスライフではなく、オンライン授業やゼミは、かつてない経験であり、家族も本人も戸惑うばかりというニュースを耳にしました。



 さて、社会人の学びの変化はどうだったのでしょうか。

入社式もない、一定期間を要する集合型の新人教育も開催できないなど、学生と同じような制限を主催者と参加者双方に課せられたことはご承知のとおりです。

 この期間に何も得ることはなかったのかを改めて考えてみると、学びの場にも大きな変化を見つけることができました。


それはwebの活用によるもので、オンラインセミナーにおいての効果は3点ありました。

1つめはリスクの軽減、2つめは費用の軽減、3つめは時間の軽減です。


リスクの軽減はリアルなセミナー会場での飛沫感染や往復時の感染経路不明に対する防衛、
費用の軽減は会場費用含めた運営費、
時間の軽減は往復時間を考えずにどこでも参加できるということです。


セミナー講師側から見ると、今までは目の前の参加者の表情や手元の動きを肌で感じながら、臨機応変に進行を調整していたことができない難しさを感じ、
間を置きながら話すのではなく、話し続けることが必要だと思い、セミナー後はどっと疲れが出ることもありました。

これは双方ともに慣れないせいもあるのですが、10年前であれば、こんなにも簡単にweb活用はできなかったはずです。


学びの場の変化は全く予測もしていなかった外的要因の新型コロナがもらたしました。

物事を考えるにはネガティブな面とポジティブな面を持たなくてはいけないと思いますが、SWOT分析流にいえば外部環境の機会と脅威をどのように捉えるかとなります。

すなわち、新型コロナ禍をピンチとするのかチャンスとするのかの置き方によって、自社内部の強みをクロスさせた具体策が変わります。


新型コロナ禍をピンチと置くならば、社員教育のあり方を変える、一例であれば社員への機材貸与やIT活用スキルの向上を行うなどの弱みの克服につながる、
チャンスと置くならば、時間とコストを削減しながら多くの社員への教育が同時にできるようになり、情報量の吸収スピードが上がることになります。


今、間違いなく教育・学びの場の変化が到来しているので、あとは経営者がどのように対応することが必要なのかを真剣に考えるべき時です。
新型コロナの収束は全く見えない中で、勝ち残るのは「学び続ける組織」のはずです。

保険業界においてもオンラインセミナーは今や多数開催されています。
リスクを避けた学びの場を自ら見つけることも自立経営の一つです。 



次回は12月に、瀬尾保険研究所の瀬尾好成氏の第4稿をお届けします。


2020年 学びのラストスパートをかけませんか?-11月講座のご案内-


by ZYRUSアカデミースタッフ

いつもブログをご覧いただき有難うございます。
ZYRUSアカデミー事務局です。


気が付けば、2020年も後2ヶ月となりました。
今年の冬は寒さが厳しくなると見られております。
皆さまにおかれましても、どうぞご自愛ください。

2020年の学びを加速する、11月のZYRUSアカデミー講座紹介をいたします!

<11月講座のご案内>

◆11月10日(火)Mr.O
『申込を頂けていない保険営業マン-何か忘れていませんか?-』※少人数予約制講座
 第5回 営業としてのステップアップ 

第三期 2021年1月開始 受講者を募集中!~
※7名までの少人数で全6回完結型講座です。Mr.Oと対話をしながら保険営業マンとしてのマインドや行動原理を学びます。
※ZYRUSアカデミー会員であれば、1代理店あたり何名でもご参加いただけます。


◆11月17日(火)相原あすか氏『一流の人材と組織づくり』
 第8回 任せて成果を出す自立チーム作り ★リーダー、管理者向け講座
 ※オンラインセミナー
  10月「後輩、部下がついて来るリーダー養成」と続けてのご受講をオススメします!


◆11月18日(水)吉田桂公氏『代理店検査の事例と対策』
 第4回 態勢整備の評価事例と問題事例③ ★募集人から経営者までご活用いただけます!
 ※集合研修(ザイラス会議室)、オンラインセミナー併用



★ご案内★
興味はあるけれど、入会を迷っている…という場合はオンラインでのご説明が可能です。
どのような講座か体験していただける、動画もプレゼントしております。

15分からご予約をお受けしておりますので、お気軽にご質問だけでもどうぞ!
【Web面談申込はどちらからでもOKです♪】


【保険業界温故知新⑥】業界初の海外研修の意義


by 瀬尾 好成

【執筆者紹介】
瀬尾好成 様:保険業界の教育出版物の企画製作を行う、株式会社保険教育システム研究所の代表を務める。現在は瀬尾保険研究所にて代表として従事。
―――――――――――――――――――――――
<第6回>

今回は1973年(昭和48年)に私が初めて行った海外研修の経験をお伝えします。


安田火災「代理店経営研究会」の米国損害保険代理店事情視察団16名は22年間にわたる研修・準備を行い
1973年6月8日より6月25日の18日間、日本で初めて米国視察ツアーを実施しました。


私は(株)日企で安田火災を担当している時で

「安田火災がアメリカへ初めて代理店さんを連れていくそうです」

日企の将来を考えて日企も参加したらどうかと会社へ提案したところ、私自身は全く予想もしておりませんでしたが

「瀬尾君を参加させたらどうか」

となり、私自身が米国研修ツアーへ参加することになりました。


2年間、安田火災「代理店経営研究会」に参加し、アメリカの損害保険の勉強をしました。
この時日本はアメリカに30年遅れているといわれていましたが、米国損害保険代理店事情視察旅行は私たちの仕事は勿論、日本自体を外から見直す絶好の機会にもなりました。


アメリカ各地の損害保険会社・ブローカー・代理店・法律事務所等を訪問しましたが、この視察旅行を通じて強く認識したことは、
アメリカの損害保険事情(代理店を含めて)を知るには、先ずアメリカの国情・社会事情を知らなければならないということでした。


アメリカの損害保険の成り立ちや、その背景等にお国柄が大きく作用していること、今後あらゆる面で益々速度を加えて押し寄せつつあるアメリカ化の波に対処し、時流を正確に把握するためにも、
私たちはアメリカ的発想の下に日本の社会情勢と業界の今後を直視するという必要に攻められていると感じました。

日本の損保会社はアメリカの損保会社の保険商品を研究し参考に新商品の開発を行い現在の日本損害保は発展してきたと言って良いでしょう。

さらに、アメリカ各地の損害保険会社・ブローカー・代理店・法律事務所等この視察旅行を通じて、保険業界を専門にした教材制作会社があることに大変関心を持ちました。


当時の日企は色々な業界のスライド制作会社でした。

視察が転機となり、徐々に損保業界専門の視聴覚教材制作会社へとシフトしていきました。
これにより、損保業界にはなくてはならない教材制作会社の基盤を確立し、成長し生き残ることになります。


長々と語りましたが、1973年(昭和48年)に30年前を走っているアメリカ研修ツアーに参加の機会を得たことが、今でも海外を自分の目で見て自分を磨き成長して行くのだと思います。


代理店さんや保険会社担当者は積極的に海外研修に参加し、学ぶことを期待いたします。


新日本保険新聞損保版(9/28)にZYRUSアカデミー講師:滝澤様と弊社代表望月の対談記事が掲載されました!


by ZYRUSアカデミースタッフ

いつもザイラスブログをご覧いただき、誠に有難うございます。


ZYRUSアカデミー講師の株式会社ビジネスバンクグループ 滝澤様がインタビュアーとなり、弊社望月が取材を受けました!

 

保険代理店様の人材育成について、対談形式でお送りします。

是非、下記ご一読いただければ幸いです


食欲の秋、学びの秋!-10月講座のご案内-


by ZYRUSアカデミースタッフ

いつもブログをご覧いただき有難うございます。
ZYRUSアカデミー事務局です。

朝晩は少しずつ肌寒くなり、秋の訪れを感じる時期になりました。
体調を崩しやすい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は、学びの秋!ということで、10月のZYRUSアカデミー講座紹介をいたします。



<10月講座のご案内>

◆10月6日(火)Mr.O
『申込を頂けていない保険営業マン-何か忘れていませんか?-』※少人数制
 第4回 自分の変化への気付き 


◆10月14日(水)栗山泰史氏『顧客本位の業務運営』
 第2回 これから始まる代理店同士の競争
 ※集合研修(ザイラス会議室)、オンラインセミナー併用
 ★
募集人から経営者までオススメの講座です!


◆10月16日(金)相原あすか氏『一流の人材と組織づくり』
 第7回 後輩、部下がついて来るリーダー養成
 ※オンラインセミナー
 ★リーダー、管理者にオススメの講座です!


◆10月27日(火)滝澤清隆氏『勝ち残る代理店のマーケティング』
 第2回 既存顧客を永続的につなぎとめるファンづくりマーケティング
 ※オンラインセミナー
 募集人から経営者までオススメの講座です!


Mr.O『売れる保険営業への道』
 第6回 クロージング・申込時の対応
 →101()動画配信予定 ※20199月度撮影の講座となります
 ★特に募集人の方にお勧めの講座です! 


★ご案内★

ブログ購読を申し込む